Home > 一覧 > すくすく >  土曜になると思い出す

 

すくすく日記&ニュース

すくすく 2021年9月18日(土)
工房4135日目

土曜になると思い出す

台風14号が日本列島を横断しています。
昨日、福岡県に上陸し、今朝には紀伊半島を過ぎ、
東に移動しています。
このあと、温帯低気圧に変わる予想ですが、
その低気圧が明日に掛けて
関東地方に向かってきます。
弊社の事務所がある千葉県船橋市も、
未明から、強い雨が降ったり止んだりしています。
現在も、事務所でお仕事をしながら、
時折強さを増す雨の音を聞いています。
そんな土曜日。

 

 

1年半前であれば、こんな土曜日は、
「ああ、神奈川に向かうのたいへんになるなぁ」
と思っていました。

 

 

昨年の春まで、
毎週土曜日はというと、
神奈川県逗子市の小笠原学園や、
藤沢市の湘南台カルチャーセンターで
声の演技や朗読の講座を開講していたのです。

 

 

しかし、新型コロナウイルス感染症が拡大し、
小笠原学園での講座は、
やむなく無期休講となりました。
そして湘南台カルチャーセンターは、
センターそのものが閉館となってしまい、
それまで受講いただいた生徒さんとは、
お別れをしなければなりませんでした。

 

 

1年半経ち、
まだ講座を再開できるほど、
安心・安全な環境にはなっていません。
もちろん、ワクチン接種が進み、
マスク生活が習慣化してきているとはいえ、
近くで大きな声を出して演技をする、
といったシチュエーションは、
リスクがまだまだ高いといえます。

 

 

逗子に出向く土曜日は、
午前3時30分に起床し、
午前5時すぎの始発で出発。
午前7時すぎに逗子駅に到着してから
駅前で朝食をとり、
スターバックスで講座準備を整えて、
午前8時30分に学園に入り、
午前9時30分から「朗読入門」、
午前11時から「声の演技術」を開講する、
という生活サイクルでした。

 

 

20200201_070726

 

 

20200201_082608

 

 

20200201_085116

 

 

湘南台カルチャーセンターは、午後3時からの開講でしたが、
昼食を湘南台の駅前でとれる時間には
事務所を出発していましたので、ほぼ1日がかりのお仕事でした。

 

 

20190427_133938

 

 

20190427_134249

 

 

20190427_143451

 

 

でも、そんな土曜日が当たり前で、10年以上も定着していたので、
コロナ禍が原因となり、プツリとその糸が切れたときは、
正直、かなり落ち込みもしました。

 

 

それでも、この先どこかで、
ふたたび再開できることを信じていますし、
再開できたら、「ああしてみよう」「こうしてみよう」
といったアイデアは、いっぱい蓄積されています。
より一層、生徒さんに楽しんでいただけるようになるまで、
もう少し、もうしばらく、待つことにしよう、
そんなことを、雨降る窓の外を眺めて考えていました。

 

 

⇓ ブログランキング参加中! 只今、第何位でしょうか?
よろしければクリックしてくださいね (^_^)v


人気ブログランキング


タグ:, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ内検索

カテゴリー

月間アーカイブ

ランキング

アンケート