Home > 一覧 > すくすく >  限定URLの可能性

 

すくすく日記&ニュース

すくすく 2021年1月22日(金)
工房3896日目

限定URLの可能性

URL

 

あまり聞きなれない言葉ですね。
これは、コンピュータ用語にあたります。

いわば、インターネット上の
ホームページの場所を知らせる住所
のようなものです。
URLそのものは略語ですので、
フルネームでいうと、

 

Uniform Resource Locator
(ユニフォーム・リソース・ロケータ)

 

といいまして、日本語に直すと、

 

「統一資源位置指定子」

 

となります。
余計にわかりませんね (#^.^#)

 

なので、「ホームページの住所」
だと思っていただければ、当たらずとも遠からず。

 

パソコンを起動して、
このURLを入力すれば、
その住所の先にあるホームページを
見ることができます。
したがって、世界中誰でも、
このURLさえわかっていれば、
辿り着けるわけです。

 

 

しかし、中には、
「不特定多数の人には見られたくない」
「限られた人たちだけに閲覧してほしい」
といった要望もあります。
そういう場合に便利なのが、

 

限定URL

 

です。
このURLで閲覧できるホームページは、
不特定多数の人たちが検索で探しても、
見つからない(ヒットしない)ようになっています。

 

限られた人たちだけで情報を共有する場合は、
この限定URLが重宝するわけです。

 

 

2020年11月19日、
神奈川県の県央ブロック5市1町1村が一堂に会し、
「令和2年度神奈川県民生委員児童委員協議会
県央ブロック会議大規模研修会」が開催されました。
その当時の模様は、弊社のブログをご参照ください。

https://www.koboizumi.com/wp/blog/45307/

 

 

 

 

 

 

 

当日の模様はビデオ録画もされており、
それをDVD化して、
後日、動画上映会形式で視聴もしていただきました。

しかし、新型コロナウイルス感染症が拡大したため、
その上映会自体も中止となってしまったのです。

そこで主催者様と弊社の間でご相談を進め、
今般、無料動画配信サイトYouTubeで、
期間を限定したうえで、配信することとなりました。
インターネットに接続できるパソコンがあれば、
閲覧できるわけです。

 

しかしこのYouTube、世界中の人たちが
自由に閲覧できる動画サイトです。
でも、今回の研修は、不特定多数の人には
閲覧していただきたくはないですね。
そこで登場したのが、
先ほどご紹介した限定URLなのです。

 

これは、検索をしても見つかりません。
そしてこのURLを知っている人たちだけが、
研修の映像を視聴できるという仕組みです。

 

 

主催者様は、対象者の皆様に、
2月5日から3月10日までの期間限定で、
YouTubeで動画を配信いたします。
限定URLをお持ちの皆様は、
何度でも自由にご覧いただけます。

 

先行して、
主催者様から教えていただいた限定URLで、
弊社も視聴してみました。

 

 

 

 

 

 

視聴して、私も当時の様子を思い出せました。
対象となっている皆様は、
ご活用ください。

 

 

この限定URLという仕組みは、
弊社の「研修企画工房ネット」でも採用しています。
弊社の場合は、視聴する対象となる映像の
パスワードログイン画面まで、
一足飛びにたどり着けるために設けています。
インターネットで、その限定URLを使えば、
ログイン画面まで迷うことなく到着します。
そのうえで、別途お渡ししているパスワードで
ログインしていただいて、映像を視聴する、
というものです。

 

 

本来は、みんなで集まって、
一緒に学び合う集合型研修が理想ですが、
一方では、ネットを介在した研修手法も、
方法の一つとして活用していくことが大切ですね。

 

弊社でも、
限定URLといった便利なものは、
これからも積極的に用いたいと思います。

 

 

 

 

 

⇓ ブログランキング参加中! 只今、第何位でしょうか?
よろしければクリックしてくださいね (^_^)v


人気ブログランキング


タグ:, , , , , , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ内検索

カテゴリー

月間アーカイブ

ランキング

アンケート