Home > 一覧 > すくすく >  コロナ禍における研修への向き合い方について

 

すくすく日記&ニュース

すくすく 2022年1月5日(水)
工房4244日目

コロナ禍における研修への向き合い方について

新型コロナウイルス感染症については、
変異ウイルスの広がりにともない、
第6波が近づいているようにも感じます。
今、まず何をするべきかを考え、
十分な感染対策を講じていくことが大切です。

 

 

そのような中、集合型・対面型の研修会に臨む機会があった場合、
弊社としては、どのように対応をすればよいのか。
その基本的なスタンスをあらためて整理するため、

 

 

 

 

「コロナ禍における研修への向き合い方について」を
本日付で発効しました。

 

 

 

 

研修会に向かうまでの間、
どのような点に留意するのか、
研修会の本番時、あるいは修了したあとに、
何をするのか、といったことを整理してあります。

 

 

 

 

ここにお示ししたのは、その一部ですが、
これらを主催者様と共有させていただき、
研修会に臨みたいと考えています。

 

 

本日、さっそくに、沖縄県者機会福祉協議会様に
送信を完了しました。
2月に、本島地区・宮古地区・八重山地区の
3か所で開催される研修会に向けて、
準備を進めてまいります!

 

 

 

⇓ ブログランキング参加中! 只今、第何位でしょうか?
よろしければクリックしてくださいね (^_^)v


人気ブログランキング


タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ内検索

カテゴリー

月間アーカイブ

ランキング

アンケート