Home > 一覧 > すくすく >  流動資産、固定資産、そして “縁“資産

 

すくすく日記&ニュース

すくすく 2016年5月5日(木)
工房2173日目

流動資産、固定資産、そして “縁“資産

本日は、こどもの日の祝日ですね。
そんななかですが、
弊社顧問税理士との面談に行ってまいりました。
20160505_093145
午前10時前、JR西船橋駅に到着。
いつもでしたら、お仕事関係の服装で歩く人が
ごった返しているコンコースも・・・、
20160505_092657
今日は、こどもを連れたお父さんやお母さんの姿が中心。
これから、どこかに遊びにいくのでしょうね。

弊社顧問税理士との面談では、
平成27年度決算作業についての打合せを行いました。
そのなかで、「流動資産」と「固定資産」
というフレーズが出てきました。

「流動資産」とは、会計における資産のうち、
通常1年以内に現金化、費用化できるものを指します。
弊社の場合ですと、
現金・普通預金・未収金などが当たります。

「固定資産」とは、販売目的でなく、かつ継続的に
会社で使用することを目的する財産のことを指します。
弊社の場合ですと、
パソコン・商標権・営業権・事務所の家具、
などが当たります。

税理士さんと面談する際にも、
上記の「流動資産」や「固定資産」は、
会計上の用語としても出てくるのですが、
それに加えて、“視覚化できない資産”があるのだ、
と教えていただきました。
いいかえれば、“数値化できない資産”です。

これを私は(勝手に)、“縁資産”と呼ぶことにしました。
お仕事を通じて培われていく、人と人とのつながり。
これは、予算・決算といった会計上、
数字では出てきません。
しかし、出来上がったご縁が、
次の仕事につながっていくこともあります。

経営者といわれる方々の中には、
税金を支払わなくても済むように、
お仕事にブレーキを掛けたり、
不要なものまで物品として購入するなどに
腐心する人も少なくないそうです。

しかし、お仕事をすればするほど、
人とのつながりが濃く広くなっていき、
それが新しいお仕事につながるのであれば、
これもまた、大切な資産なのだろうと思います。

平成27年度決算作業を進めながら、
平成28年度についても、
この “縁資産” を増やしていけるように
頑張りたいと思います。

 

⇓ ブログランキング参加中! 只今、第何位でしょうか?
よろしければ、クリックお願いします!


人気ブログランキングへ


タグ:, , ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ブログ内検索

カテゴリー

月間アーカイブ

ランキング

アンケート